知っておきたい!LEDについての基礎知識

そのそもLEDとは?

LEDは、省エネ・長寿命の照明としてよく知られていますが、従来の照明とは全く違う仕組みを持っています。そもそもLEDは「発光ダイオード」と呼ばれる電子部品の一種で、以前から家電製品の操作部分に取り付けてある赤や緑の小さなランプとして使われてきたものと同じ原理のものです。また、LEDは従来の照明と比べると、電気を光に変換するだけなので熱による電力のロスが少ないことや、さらに熱による本体へのダメージが少ないため寿命が長いという特徴があります。

LEDのメリットとは?

LEDの消費電力を従来の照明と比較すると、電球型のものについては、白熱電球の5分の1の消費電力になり、蛍光灯(電球型)の場合は同等の消費電力になると言われています。また、直管型蛍光灯(細長い蛍光灯)と直管型LEDを比較した場合は、蛍光灯と比べて2分の1の消費電力になると言われています。そしてLEDの寿命は4~6万時間で、蛍光灯と比較すると3~4倍程度寿命が長くなるため、取り替える頻度も少なくて済むというメリットがあります。

LEDと蛍光灯は、どっちがお得?

LEDにはメリットだけではなく、本体価格が高いということや、新たにLED用の照明器具を設置する必要が生じる場合があるというデメリットもあります。本体価格については、LEDは蛍光灯に比べて2倍かそれ以上になるのが一般的です。なので総合的に考えると、比較的短期間の使用を考えている場合は本体価格が安い蛍光灯のほうがお得だと言えますが、逆に長期間使用する場合はLEDの方がお得になるケースもあります。また照明器具については、LED専用のものと取り代えなければならない場合もあるので、その費用も考慮する必要があるでしょう。

LEDライトパネルは薄型で耐久性も高いので屋外などで看板としても活用することが出来て非常に便利です。

You may also like...